名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介。

こころ福祉住居紹介センター@名古屋
老人ホームに関するお問い合わせはお気軽に

愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。

0120-65-0909

よくある質問と回答

施設の対応エリアはどの辺りですか?

愛知県内を主にご紹介させて頂いておりますが、岐阜・三重であればすぐにご紹介可能です。また、ご希望であれば遠方の施設もご紹介可能です。
数日お待ち頂くことになりますが、ご了承下さい。

相談時や入居が決まったときにお金はいりますか?

いいえ。
ご相談からお引越しまで、すべて無料で対応させて頂きますのでご安心ください。
ちょっとした相談でもお気軽にお問合せください。

入居費用や月額費用の目安を知りたい。

当センターで主にご紹介出来る施設とそれぞれの料金の平均相場は以下の通りです。

有料老人ホーム
入居金:0~数千万円
月額費用:10~40万円

サービス付き高齢者向け住宅
入居費用:0~100万
月額費用:5~25万

グループホーム
入居費用:0~100万
月額費用:10~25万

高齢者施設の選び方や種類が分かりません。

当センターで主にご紹介出来る施設のタイプとそれぞれの特徴は以下の通りです。

・有料老人ホーム

最も一般的で多くの方が入所されているタイプの施設です。
有料老人ホームの中でも、介護付き・住宅型・健康型とさらに3つに分かれますが、基本的には「自立」の方から「要介護」の方まで、幅広く受け入れが可能なタイプとなっています。
また、入居条件は原則65歳以上と定めている施設がほとんどですが、施設によっては相談可のところもあるので確認が必要です。

医療依存度の高い方は、看護士が常駐する老人ホームを選ぶことをおすすめします。
基本的に、昼には看護士がいる施設がほとんどですが、夜間は不在のところが多いです。
看護士が24時間常駐する施設はかなり数が限られており、月額利用料も少し高くなりますが安心感としては絶大です。
「たん吸引」、「器官切開」、「IVH」、「じょくそう」など、これらの医療行為が必要な方は、24時間看護師が常駐する施設を選べば安心感は大きく感じられます。

・サービス付き高齢者向け住宅

賃貸契約となるので、入居一時金の代わりに敷金・礼金が掛かります。
その他、月額で掛かる費用に家賃・管理費・食費・水道光熱費などがあります。
高齢者用のマンション・アパートと考えると分かりやすいかと思います。

有料老人ホームと比較すると、介護度の低い方の入居がほとんどです。
食事は自分で作ることが出来るが掃除はしてもらいたい場合、掃除の生活サービスを受けることが出来ます。
有料老人ホームでは1日の流れがだいたい決まっていますが、サービス付き高齢者向け住宅では出来ることはご自分で、出来ないことは施設の方やデイサービスに任せるという流れなので、生活の自由度は高いです。

ただし、入居時には「自立」であったとしても、入居後に介護度が高くなった場合、転居(退去)しなければいけない場合があります。
看護士が昼間にもいない施設があるので注意が必要です。

・グループホーム

認知症の症状を持った方で、生活が困難な高齢者を専門スタッフの援助を受けながら共同生活する福祉施設です。
入居受け入れ者数が非常に少なく、1ユニット(5~9人)を2~3人の介護士で援助します。
ほとんどのグループホームでは2~3ユニット(10~27人)での共同生活となります。

これほど入居者が少ないのは、認知症の高齢者に新しい物事や、新しく出会う人を認識するのが難しいという特徴があり、入居者や職員が入れ替わり立ち代りするような環境では、本人の精神面に大きな負担を与えてしまうからです。

有料老人ホームでも、認知症の方の受け入れが可能な施設がほとんどですが、グループホームは認知症の方への対応に特化した施設と考えて頂ければ分かりやすいかと思います。
ただし、有料老人ホームと比べると医療体制は低く、重度の病をお持ちの方は入居も難しいです。
グループホームは認知症の悪化の予防、改善、自分の家で通常の生活が出来るように支援していくことが目的です。

費用を年金内に抑えたい

まずは、お気軽にお問合せ下さい。
ご利用者様・ご家族様の状況をお聞きし、様々な方法を捻出させて頂きます。

一例としまして下記の方法があります。

年金8万円 持ち家有り
持ち家を担保に、セカンドライフに必要な資金を銀行から月々数万円お借り頂けます。
また、一般的なローンなどとは異なり、毎月元金を返済頂く必要はありませんが、お亡くなりになった時に元金と利息をまとめて返済頂きます。
返済方法は基本的に担保にした家を銀行へ引き渡すことになります。

上記の方法以外にもご相談させて頂きます。

入居までどれくらい時間掛かる?

入居までには意外と時間が掛かり、病院側からの退院も迫られ焦るかもしれません。
当センターでは一早く入居先決定のお手伝いをさせて頂きますが、ご利用者様・ご家族様のご協力も必要になります。
全力でお手伝いさせて頂きますので、ご協力よろしくお願いいたします。

入居までの想定期間は下記の通りです。

①要介護(要支援)認定申請【約1ヶ月】

1.申請書の提出

各市区町村役所へ行き申請書を提出します。
※申請書の正式名称:介護保険要介護認定・要支援認定申請書
主治医の意見書が必要になるので、事前に医師の診察が必要になります。
主治医の名前・病院名を申請書に記入するので覚えておく必要があります。

<持ち物>
介護保険要介護認定・要支援認定申請書(各市区町村役所にあります)
介護保険被保険者証 又は 医療保険の被保険者証
印鑑

2.訪問調査

申請書類の提出が完了したら、次に要介護認定の訪問調査があります。
聞き取りにより、現状などを確認され、どの程度の介護が必要かを判断します。
調査員は市区町村の担当職員、もしくはケアマネージャーが担うことになります。
申請書を提出後、訪問調査の日時に関する連絡があります。

訪問調査へはご家族様も同席して頂きます。
普段の様子をメモしておくと適正な判断が可能になります。
出来ること、出来ないことをしっかり見定めておく必要があります。

3.審査

介護認定審査会にて審査判定が行われます。

4.認定

介護認定審査会の結果、いずれかの区分によって通知が届きます。
・自立
・要支援(1~2)
・要介護(1~5)

この結果により、受けられる介護サービスが異なります。
また、施設入所にも大きく関わってきます。

ここまではご利用者様・ご家族様の動きが重要になってきますが、次からは当センターのスタッフが全力でお手伝いさせて頂きます。

②お問い合わせ ~ 相談 ~ 資料お渡し【10日程度】

こころ福祉住居紹介センターへお問い合わせを頂いてからご相談、施設資料のお渡しまで約10日程度です。
ご相談日の日程や資料のお渡し方法によっては多少前後します。

③見学・体験入居【1週間】

気になった施設があれば見学することをおすすめします。
ここだ!と心が決まれば1件でも良いと思いますが、2~3件ほど見学すると施設の比較も出来るので、入居前・入居後にも安心出来るかと思います。
いきなり施設へ行っても見学の対応は出来ません。
見学日を決めて予約を行わないといけません。

体験入居は「健康診断書」が必要になる場合があるので、取得していない場合は更に【2週間程度】掛かります。

④お申し込み ~ ご契約【10日程度】

最も満足のいく施設を決めたあと、申し込みを行います。
施設によってはこの時点で部屋の確保が可能になります。
施設の方と申し込み必要書類・持ち物などを確認して頂きます。

申し込み書類を提出し、正式なご契約をして頂きます。
この時点でおおよその入居日を施設へ報告します。
正式な日が決まり次第、施設へ報告します。

⑤お引越し・ご入居【10日程度】

当センターのスタッフが引越しのお手伝いをさせて頂きます。
事前に持ち物などが施設から伝えられますので、ご準備をお願いいたします。
入院中の方は病院へ、在宅の方はご自宅へお伺いしますのでそれぞれの場所から荷物を回収し、施設へ向かいます。

全体を通して入居まで、約2~3ヶ月ほど掛かります。
また、お急ぎの方は当センターも全力でお手伝いさせて頂きます。

当サイトからのお申込みで老人ホームへの引っ越し料金「無料」