名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介。

こころ福祉住居紹介センター@名古屋
老人ホームに関するお問い合わせはお気軽に

愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。

0120-65-0909

有料老人ホームのメリット・デメリット

 投稿日:   最終更新日: 2017/03/16

こんにちは。
こころ福祉住居紹介センターの星野です。

今回は【有料老人ホームのメリット・デメリット】についてお話しします。

まず、【有料老人ホーム】とは?
みなさまが、一般的に考えている老人ホームはほぼ、【有料老人ホーム】を指します。
最も認知度が高く多くの方が入所されています。
入居費用を払うことにより、居室や共有スペースを利用できるという契約方式です。
あくまで利用するという権利なので、相続の対象となる資産ではありません。

ご利用者様にはメリットのある施設に入所したいと考えると思われますが、メリット・デメリットについてはどこの施設にもあります。
主に以下の通りです。

○メリット
・介護付き、住宅型、健康型と主に3つの種類があり、ご利用者様に合わせて施設を選ぶことができる。
・医療面で不安であっても、看護師が在中しているので安心感が得られる。
・食費や光熱費など、ほとんどの施設では定額制なので出費の計算がしやすい。
・24時間体制で介護を受けられる。

○デメリット
・1日の生活の流れがほぼ決まっているので自由な時間が少ないこともある。
・入居費用として、数百万かかる施設もある。
・月額費用が他の施設に比べて高めになっている。
・自立の方でも受け入れ可能な施設はあるが、基本的に介護度が低い人は入居しにくい。

有料老人ホームは介護付き、住宅型、健康型と3種類がありますが、介護度が重い方は介護付き、自立の方は健康型となっています。
健康型自体は全国でもかなり少数ですが、自立の方も介護付きや住宅型の施設で生活することはできます。

医療面で不安な方でも看護士が24時間在中している施設もあります。
その反面、月額料金は少々あがってしまいますが、看護士が24時間いるというのは大きな安心感を得られると思います。
日中は看護士がいる施設がほとんどですが、夜間に対応してもらえるというのは万が一のことも考えると、入居の候補にあげておいて損はありません。

有料老人ホームでは、7時に起床・8時に朝食など1日の流れがだいたい決まっており、自由にできる時間が少ない場合があります。
昼食にここで食べたい、という考えも職員が必ず同行しないと不可ということもあります。
ですが、数日前に出掛けたいという意思を伝えれば不可ということもありません。
ご家族様と○日に△△へ出掛けたい、などあるかと思いますのでそこは尊重されるべき行動だからです。

月額や入居費用は基本的に他の種類の施設と比べると高めになっています。
おおよそ月額費用は、10万~40万円の幅があります。
理由としては、上記にもある通り看護士が24時間在中していたり、介護職員の人数が多いなどがあります。
また、土地の値段や部屋の広さなども関わってきます。
安いからと言って、介護の質が下がるというわけではありません。
逆に、高い費用を払っているから何でもかんでも言うことを聞いてもらえるというわけでもありません。
ほとんどの施設で、ご利用者様と介護職員の割合が3:1になるように調整されています。
小さい施設ほど受け入れ者数も減り、月額費用も少ないというイメージを持っていただいても間違いではありません。

このように、一般的な【有料老人ホーム】でもメリットやデメリットをあげるとキリがありません。
ですが、こころ福祉住居紹介センターではご利用者様に合った施設をご紹介しますので、ご安心ください。

次回はサービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリットについて更新します。
よろしくお願いいたします。

○●─────────────────────────●○
   老人ホームをお探しの方
   愛知・岐阜・三重の老人ホーム探しはお任せください。
  相談や疑問点など、施設探しに不安のある方は
   こころ福祉住居紹介センターへご連絡ください。
   お問い合わせ
   TEL:0120-65-0909
   メールでのお問い合わせ
   http://www.556.co.jp/
○●─────────────────────────●○

 - 介護情報

当サイトからのお申込みで老人ホームへの引っ越し料金「無料」