名古屋市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介。

こころ福祉住居紹介センター@名古屋
老人ホームに関するお問い合わせはお気軽に

愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。愛知県・岐阜県・三重県の老人ホームをご紹介します。

0120-65-0909

サービス付き高齢者向け住宅 メリット デメリット

 投稿日:   最終更新日: 2017/03/16

こんにちは。
こころ福祉住居紹介センターの星野です。

今回は【サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット】についてお話しします。

まず、【サービス付き高齢者向け住宅】とは?
簡単に言えば、高齢者用に建てられた賃貸アパートです。
賃貸アパートなので、居住と介護などのサービスが別料金となっています。
必要な介護サービスを選び、家賃や管理費とは別で支払います。

有料老人ホームと比較すると、介護度が低く元気な方が多く入所されています。
ただし、入居時に「自立」であっても、入居後に介護度が高くなってしまったときに、退去しなくてはならない場合もあります。

こちらのメリット・デメリットについては以下の通りです。

○メリット
・基本的に行動が自由である。
・有料老人ホームでは入居の難しい「自立」の方でも入居が可能。
・洗濯や掃除など、自分でやるか介護サービスを使用するか選べる。
・入居条件が難しくない。

○デメリット
・一般的な賃貸住宅よりは費用が高め。
・介護度が重くなると退去しなければならない。
・連帯保証人が必要である。
・月額にかかる費用の計算がしにくい。

まず、サービス付き高齢者向け住宅は賃貸住宅と同じなので、朝から夜まで自由に行動ができます。
もちろん、デイサービスや施設の介護サービスを利用する場合はその時間を守らなければいけませんが、ご家族様とお出かけをしたり、昼食に喫茶店へ行くなど行動の幅がとても広いです。

洗濯や掃除は自分でできる範囲は自分で、できない範囲は施設の介護サービスを受けられます。
料理は趣味で作り続けたいと思われる方もいらっしゃいます。
手先も使い、自立支援にもなっているのでたいへん良いことだと思います。
ですが、掃除をするときに高い場所のホコリも取りたいが、自分ではできないときに施設の介護サービスを利用します。

現在、「自立」の方が「要介護度3」などになってしまった場合、退去しなくてはなりません。
もともと、サービス付き高齢者向け住宅は自立の方や、ある程度体を動かすことができる方への施設です。
介護職員の配置も少なくなっており、充分な介護サービスができないところもあります。
あくまでも、賃貸住宅であるため介護・医療サービスを受けるには限界があります。

サービス付き高齢者向け住宅での介護サービスはすべて別料金となっています。
家賃、管理費のほかに、光熱費や食費などがかかってきます。
洗濯や掃除などの介護サービスを受ける場合、そのオプションを利用することを施設の方に伝えます。
なので、月額の費用の計算がしにくいです。
おおよその月額費用を計算し、余裕を持った生活が必要となります。

このようにサービス付き高齢者向け住宅は今の生活をできるだけ変えずに、少しでも体に負担がかからないような仕様になっています。
今の家を手放してでも施設へ入居するかどうかは様々な要因があるかと思いますが、【サービス付き高齢者向け住宅】をお探しの方も、こころ福祉住居紹介センターへご相談ください。

次回は【グループホームのメリット・デメリット】について更新します。
よろしくお願いいたします。

○●─────────────────────────●○
   老人ホームをお探しの方
   愛知・岐阜・三重の老人ホーム探しはお任せください。
   相談や疑問点など、施設探しに不安のある方は
   こころ福祉住居紹介センターへご連絡ください。
   お問い合わせ
   TEL:0120-65-0909
   メールでのお問い合わせ
   http://www.556.co.jp/
○●─────────────────────────●○

 - 介護情報

当サイトからのお申込みで老人ホームへの引っ越し料金「無料」